サーフィン 初心者 テイクオフ 動画

サーフィンでなかなか波に乗るのが難しいなって思っている方に、
即効性のある2つポイントについて教えてくれる動画です。

 

動画をみると、えっこんな簡単なことなの?って目から鱗が落ちると思いますよ!!
動画が自分にあっているようだったら、是非チャネル登録をおススメします。

 

 

 

以下、動画のスクリプトになります。
ポイントがよく分からなかったなとか、ちょっと動画をゆっくり見る時間が無い方は参考にしてみてくださいね。

 

 

バリ島から有本系です
今日はですねビギナーサーファーの為のテイクオフについてお話していきたいと思います。

 

テイクオフこれねすごく大事なんですね。
ビギナーの時にいかにいっぱい波に乗れるかで、
上達のスピードっていうのは全く変わってきます。

 

1時間海にいて2,3本しか波に乗れない人と10本乗れる人では、
やっぱり上達のスピードが変わってきますので、
出来るだけ一杯波に乗れるようにですね、
テイクオフのコツをお話ししていきたいなと思います。

 

まずですね、一番最初に考えなくてはいけないこと。

 

これねー結構皆さん勘違いするんですけど、
テイクオフに必要なこと、だいたいねみんな考えるのがパドル。

 

パドルが早ければ波に乗れるというふうに思ってる人多いんですね。

 

確かにパドル早ければ波に乗れると思います。

 

ただしパドルが弱くてもですね、波には乗れるんですね。

 

これどういうことか、

 

波に乗るっていうのは、
基本的には波の力に合わせて波に運んでもらう
こういう考え方をしたほうがいいと思いますね。

 

波に自分のパドルで乗ってやるって言うのではなくて
波のパワーのあるところで波がこうコツンとブレイクする場所ありますね、
そこにいれば自然とパドリングしなくても波には乗れるんです。

 

波の力をうまく利用する。
これをね最初は色々考えてやっていただきたいなと思います

 

まずね波のパワーを利用するということなんですけれども
これをね覚えるの一番いい方法

 

これはねーボディーサーフィンなんですね、
サーフボードを1回ビーチの置いて、
波とタイミングを合わせる練習ですね。

 

最初はインサイトもスープでもいいので、
スープで波が来たな波に合わせてボディサーフィン
これができるようになると、波とのタイミングの測り方が分かります。

 

はい、見ていただきましたけれども、まあうちの娘ですね。
サーフィンに初めてまあほんとまた数回というレベルなんですけれども、
波とのタイミングの合わせ方っていうのも間違いないんですね。

 

いいタイミングでバトル漕ぎ始めてますし、
しっかり自分で波を見て、この波に乗ろうと言って漕ぎ出してますね。

 

それはすごくいいことだと思うんですけれども、
何か今、なぜ波に乗れないか。

 

これはですねサーフボードありますね、サーフボードに乗ってる位置がちょっと悪いんですね
後ろすぎたり、前すぎたり。
最初のうち出てきたので後ろすぎですね、後ろすぎて波に置いてかれている。
最後の方最後の2,3本、これはね前すぎてノーズが刺さってるんですね

 

どうしてもなかなか波に乗れないというときは、
サーフボードに自分乗っかっている位置が正しいのかどうか、
前に刺さる場合は前すぎますしおいてかれる場合は後ろすぎる、
サーフボードのどのポジションに自分が位置してパドリングすればいいかというのを考えていただけると
意外とねスムーズにパッと乗れるようになったりしますね。

 

次に、見ていただきたいと思います。
これはね僕がサーフボードにこれスポンジボードなので爪でラインを引いて、
「ここに顎をのせてみな、ここに顎を乗せたら正しいポジションだから、波に乗れるよ」という風に
教えてそれでやらしています、するとこんな感じになりました。

 

はい、ご覧頂きました

 

サーフボードの上でですね、
正しいポジションでパドルをすれば簡単に波に乗れるようになりました。

 

波に乗れない、どうしてもなかなか乗れないっていうときは、
自分のサーフボードのポジションは本当に正しいのかどうかこれをね
気をつけて行っていただけると案外パットのれるようになったりします。

 

今日はですねこの2つ
・波とタイミングを合わせる
・サーフボードでのうえで正しいポジションでパドリングをする

 

この2つをですね
頭に入れて、まぁ最初はスープですねホワイトウォーターでのサーフになると思うんですけれども
ホワイトウォーターでのサーフィンをするときはこの2つをしっかり
意識していただければ簡単に乗れるようになると思います。
それでは皆さん頑張ってください!!

 

やっぱり、プロが教えてくれるのって違いますよね。
なかなかサーフィンが上手くならない、サーフィンをもっと上手くなりたいって方は、プロに教えてもらうのが一番です。

 

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久のサーフィン上達プログラムはコチラ