パドリング 疲れない コツ

疲れないパドリングのコツは、肩の使い方にある。

サーフィンで沖にでるとき、テイクオフするときパドリングはしんどいですよね。。。
でも、プロや上級者のパドリングをみると信じられないくらい速いですよね。
何が違いのでしょうか?
一つは、肩甲骨の使い方にあります。
プロや上級者は、肩甲骨を上手く利用し、効率よく進んでいます。
効率的なパドリングのコツについて上手に説明している動画あるので、紹介します。

 

 

 

 

 

以下、動画のスクリプトになります。
ポイントがよく分からなかったなとか、ちょっと動画をゆっくり見る時間が無い方は参考にしてみてくださいね。

 

 

ええ今日は、
パドリングの肩の動きをねちょっと見ていきたいとおもいます

 

下のピンクの選手ですね
ティファニーギルモア選手です。
この世界チャンピオンになったこともある
女子の選手ですけど肩の動きをちょっと見ていきましょう。

 

まずはで通常のスピードで見ていきましょうか、こんな感じです。

 

積極的に肩使ってますねー。

 

次はちょっと遅めのスローで行きたいと思いますけど、1/4ぐらいスピードでいきます。

 

ちょっと今回はね、肩の動きに注目してもらいたいので手だとか、
板のの角度とかそこら辺はちょっとで、まぁ後々に見ていきたいとおもいますけど、
まぁ見れる方でついでに見てくださいね。

 

肩動きまくってますねー
背骨はほぼ動いていないの分かります?

 

それでは、さらにちょっと遅くしていきます。

 

超スロー

 

この状態で、背骨のラインほとんど変わりませんねぇ。

 

そもそも板がこういう方向に入ってるの分かりますかね?

 

水平ではないんです。

 

ちょっと離れてしまうんでアレですけど、

 

胸をね沿ってるっていう感じじゃないですね、
結局背骨のラインだして首が上がっている感じですかね。

 

うん、
まぁちょっとこんな感じで、
それでは方肩のね実際伝え方ちょっと見てみましょう。

 

ここでちょっと見てもらいたいのが、
ま、ねっ、えーっ、ま、右肩と左肩の連動した動きを見てほしいかなと思います。

 

この状態からこうなりますね、
まずちょっと右手が前に出で水中に入れますけど、
これみんなコレ腕ね、腕がある程度伸びてる、
この状態でここに水中に手が入っているからといって、
プロとかね上級者と同じようにここに手を
入れようとしてるんだけど、
やっぱりこぎづらそうなパドリングをしてる方というのは、
まあ間違いなく大たいこの首のラインに対して肩が直角になっている、
ようするに肩が動いてない状態でここに体を入れるとすると、
まぁこっち手が伸びてしまいますね。

 

例えば正面から見ると肩のライン首のラインがこうだとしたら、
ここに手を入れなきゃいけないと思うのに、
肩が動いてない状態だと、ここに手を伸ばすしかないですよね、
こういう状態で、うーん。
肩と手がこういう状態に回ってしまう。。
肩から手が回ってしまう動きになってまう、うん。

 

だけど、これを肩が動かせる選手、肩が動かせる肩になると、
背骨のラインに対して方が若干斜めにくるので
ここに手を入れろと言ってもは対して、
肩からはそんなにね、この角度がつかないような形になるということですね

 

ここを理解しくださいね、はい。

 

ではまず、この状態から手を入れた状態。
ここからどういう事が起こるかっていうと、
まあドンドン入ってきますね手が深く入っていく

 

はい、
これも深く入っていきながら肩はもどって行ってるわけですよ

 

要するに、手だけでこの肩を支点に

 

手だけを回しているわけではないっ

 

ね、肩の先ほどまで肩がこのくらい

 

肩が先ほどまでこういう角度で入ってたのが今はこうなってくるわけですね

 

この背骨のライン視点にだんだんだんだんこうこうなってくるわけですよ

 

これが12345とこう徐々に

 

肩が肩の位置が回ってくるのイメージ

 

わかりますこれだいたい横並行ぐらいじゃないですかね

 

この位置くらいで横平行な状態、

 

先ほどは肩がこういう状態だった手をここに入れてここまで弾き込んできてますね

 

この状態で実際腕ってまだこういう状態ですよ

 

要するにここで手を入れてから、そのまま手の平で引っ張ってくるとどちらかと

 

いうとこういう状態になってしまいますよね。

 

肘から肘が外向きに肘が外向きになって

 

手の平ねー

 

だけで引っ張ってくるような形になりませんねんんもう今すでに

 

方はだいたい横になっている中でいましたに突っ込んでるての

 

まあもうほとんど水の中入ってしまってますよね。

 

うん

 

野球の投球フォームと一緒で肘からね引き込んできているような形になってくるわけですね

 

この肩がこっち側にずれたのでこっちの肩が

 

こっちの肩が

 

こっちもずれてるような動きっていうかね。

 

うーん、まあ

 

一つの棒みたいな形でこの腕がこっちに行けば

 

肩が当然こっち入れてくるんでこっちの手は水面を飛び出して

 

前へまあね振られてくるわけですよ、なんで

 

手を手のひらをまた前に出していくというイメージはほぼない、感じになってきます

 

この状態からどんどんどんどんまた肩が後ろに行きながら

 

わかります?ここで

 

今度脇が締まっている状態しっかり出来てて肘がこうなってますよね

 

この中に多分ボードの下をちょっと手を通しているな形になってくると思いますけど、

 

もうちょっといく

 

ここら辺まで来て、やっとやっぱり先ほどの肩のラインに対して腕がこうなってきてるんで

 

後ろ側に関しては片方がこういう状態から腕がね

 

回ってきて徐々にここできてるわけですよ、でもこれ以上肩はいかないですよね

 

だいぶ左肩が出てると思うんでここから

 

肘下の曲がっている部分を

 

さらに押し込んでから動きになってくるところですはい

 

要するに背中の骨を支点にして肩を

 

動かす円運動、さらにこの肩のポイント支点に

 

こんな感じですかね

 

うん

 

またここでも円運動が起こるみたいな、うん

 

さらにここから肘支点で肘をさらに円運動を起こっているような感じですかね。

 

うん

 

こうすることによって背中とくに背中まわり

 

ねえ

 

首から下にをこういう繋がってますけど、こういう大きな筋肉まあ背筋

 

さらにはちょっとパッドを抑えたりしているお尻の筋肉だとそういうところも使って

 

ますねまあ当然腕の筋肉も使ってるんですけど

 

そこからこういう感じで

 

漕いでいってますよね、漕ぎきる動き

 

もうこの時点で反対が見えないんですけど、手ぇ突っ込んでも入ってるんで、
漕ぎ始めてるからこっちの肩がね出てくるわけですよ

 

ここの肩がねどんどんどんどんままたこの前でていきますよ

 

まあ分かると思いますけど左肩が今度、左肩は今度ねだいぶ下がってきてますね

 

こういう状態にもなってきますね

 

こんな感じでかなり積極的に肩使てって欲しいって感じですね、

 

ちょっと先ほどの説明以降の時点で肩の動きを見てみましょう

 

あっはい

 

そうですこれ

 

ストロークの長さが長いのとしっかり水がつかめているので

 

ええっ

 

まあ全員漕げてるんですけど、くるく手が回ってるわけではないですねうん

 

肩を中心に肩を中心に腕がクルッとも回るっていうイメージではなく

 

首の元首のもとが中心になって大きく動いているようなイメージですね、

 

上の選手をね、見てもらっても大した背中を反ってないですね、

 

うーん全体的に初心者の人がよくあるんですけど、
この足が浮いてるんで全体的にこう沿っているような動きになってますけどね、
まあよく私がようにこういう、こういう形になってるようなね感じですよ、わかります?

 

こういう形ねう

 

まあここの部分はあがる選手はもう体の柔らかさですかねうん

 

こんな感じでちょっと

 

ねっ

 

ちょっとイメージしてみてくださいねー

 

まあこう状態でもかなり早いですけどそんなに超全開か言ったわけではないんですかね

 

80パーぐらいな感じですかね

 

うん

 

通常モード見てみましょうか

 

すごいですね、滑るようにつるっと進んで行くよなっするするするみたいな感じですよね

 

まあと感じでみてくださいね

 

自分の体を前に押し込むように

 

ぐいっぐいっ

 

自分のからどう前に押し込む押し出すね押し出すように

 

押し出す、引っ張ってるわけじゃないですね、まぁそこらへんのこう

 

感じも見てもらえるといいかもしれないですね。

 

はいまぁこんな感じでちょっとね色々試してみてくださいねー

 

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久のサーフィン上達プログラムはコチラ