ケリースレータ パドリング 動画

パドリングの動きはケリースレーターに学ぼう

パドリングがテイクオフと並んでサーフィンの大事な技術です。
けれど、パドリングの動画選びは結構大変でした。

 

パドリングの動画はそれなり沢山にありますし、どれも参考にはなります。
ただ、まあ多分、結構解説ポイントがサーフィン経験者だったらそれは知っているよみたいな感じのものが多く、なかなかコレは!と思える動画が無くて困りました。

 

その中で、これは面白いなと思ったものがコレです。
海外の動画ですが、ケリースレーターの少ない力で効率的に進むパドリングを分析した動画です。

 

この動画では、ケリースレーターのパドリングを三つのポイントから、分かりやすく解説しています。

 

1.頭を動かさない

頭を動かさないことによって、軸をぶらさずより抵抗を少なく進むことが出来ます。
逆に頭が揺れると足を逆の方に向けるので、より水の抵抗を受けることになり、より多くのパドリングが必要になります。

 

2.パドリングの入水時の肘の位置を高くする

肘の位置を高くすることで、水に垂直に腕が入ることになり、水中でより多くの水を捉えることができます。
なので、少ないストロークでもどんどん前に進むことが出来ます。

 

3.パドリングの回転は小さくする。

回転を大きくすると、体全体でより大きな力を必要とします。
一方、回転が少なければ体全体の負荷は少なく済みます。
ケリーのパドリング時の腕の動きは、回転というより、上に引いて下に降ろすようなイメージで動かしています。

 

この動画を見ているとケリースレーターのパドリングがいかに力学的に理に適っているか分かります。
ケリー自身、自著「パイプラインドリーム」でも語っていますが、いつもサーフィンの動きをチェックしてノートに纏めているそうです。
こういう無駄の無い動きはそういう努力の賜物なんだと思うと、それを動画で学ぶことが出来るのラッキーですよね。

 

是非、海で実践して、ケリースレーターのパドリングをマスターしてください!

 

 

番外.出来るだけボードの下の水を掻き出す。

ケリーは、自著の中で、パドリングするときはボードの下側を漕いで行くと早く進むとも語っています、これも是非、試してみてください。