サーファー 初心者 横に滑る

サーフィン初心者が横に滑る

サーフィンを始めたばかりだと、スープを真っすぐ滑ってるって人が多いと思います。

 

サーフィンってヨコ乗り系っていうぐらいですから、波を横に滑るのが正しい滑り方です。

 

でも、見様見真似でやってみてもなかなか横に行かないですよね。
サーフィン初心者の人にとって横に滑るというのは、初心者脱出の一つの登竜門だと思います。

 

横に滑るのって難しいな〜って思っている人も多いと思います。
どういう練習をすれば効果的に横に滑れるか分からないって人も多いと思います。

 

でも、心配はありません。
この横に滑る方法を簡単に身に付ける練習法を説明した動画がありますので、紹介したいと思います。

 

この動画が気に入ったら是非、チャンネル登録をしてみてくださいね。

 

 

 

 

以下、動画のスクリプトになります。
ポイントがよく分からなかったなとか、ちょっと動画をゆっくり見る時間が無い方は参考にしてみてくださいね。

 

はい、こんにちは
バリ島から有本圭です

 

今日はですねビギナーサーファーの為の波を横に滑っていく方法、
これをですねちょっと説明していきたいなと思います。

 

まずですね波を横に滑っていくコツですね。

 

サーフボードの横の部分レールって言うんですけどね。

 

レールを波に入れるこの意識をですね、
持てるようになるとあんまり簡単に横に滑るだけだったらできるようになります。

 

まずは、映像を観ていただきたいんですけど、テイクオフでたたないで波には乗るんですけど
ボディーボードのように腹ばいになってレールをいれる練習
これをちょっとね、やってみたいとやっていただきたいと思います。

 

見ていただきました。

 

今僕も一緒に見てますけど、レギュラー方向とグーフィー方向と両方
乗ってる映像を流しましたけど、これねやってもらえるとわかるんですけど結構簡単です

 

ちょっとで体を傾けてレールを入れるとできるようになりますので、ぜひやっていただきたいと思います

 

次に見ていただく映像ですね

 

腹ばいで横に最初いきましたね、で腹ばいで横に入ってレールが入ったなぁと思ったら、その状態から立つテイクオフする。
そうすると勝手にレールが入っていきますので案外簡単にできます。

 

映像を見てみてくださいはいどうぞ。

 

見ていただきました。

 

最初横バエで横ばいになってレールを入れる練習して、それ慣れてきたらですね、
横ばいになってレールが入ったなぁと思った瞬間に立ち上がってたでしょ、
そうすると勝手にレールが入っている状態になります。

 

そうするとですね、波を横に滑れるようになってきます。

 

最初はね、おそらく波に弾かれて転んでしまうことが多いと思うんですけれども、
何度も何度もね練習しているうちに、スープ、ホワイトウォーターでもレールを入れて横にこう滑っていけるように
なっていきますので、まずはそこから練習していただきたいと思います。

 

ビギナーサーファーの皆さんのサーフィンを見ていると
波に対して波がこう起きますよね、それに対してまっすぐ走って乗ってる人がすごく多いんですね

 

それだとなかなかねえまだ波の上に海の上に立ってるって言うだけの状態で、
なかなかこうね波を滑ってるって感覚にはなりづらいんですねえ。

 

上手なサーファー見てると波がこう割れています、そうすると横に走ってますよね、
その練習をしていくとサーフィンで楽しくなっているんですね

 

それをするにはまずはスープ、ホワイトウォーター波が崩れても白くなっているのにありますよね

 

その白くなっている波で横にレールを入れていく、この練習をしていただくと、
ちょっとずつ感覚がつかめるんじゃないかなというふうに思います

 

ご視聴ありがとうございました

 

 

やっぱり、プロが教えてくれるのって違いますよね。
なかなかサーフィンが上手くならない、サーフィンをもっと上手くなりたいって方は、プロに教えてもらうのが一番です。

 

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久のサーフィン上達プログラムはコチラ